音楽

冬に聴きたい「エモい曲10選」洋楽&邦楽

こんにちは!
RISA(@risaworks_news)です。

冬、キンと冴えた冷たい空気。
透き通る星空。
手と手の触れる温もり。

今年もそんな季節がやってきました。

作業をするとき、、
通勤通学の道すがら、、
お家でのチルタイム、、

冬に聴きたい「エモい曲10選」をご紹介!

まず、「エモい」って何?という方に。

「エモい」とは

「エモい」は英語の
emotional(エモーショナル)
由来する省略表現。

「エモーショナルな感じがする」
ということであり
「感情に訴えかけて来るものがある」
「心が動かされるようだ」
「情緒を感じる」「趣がある」
「グッとくる」

というような説明しがたい感慨を述べる言葉。

人によってエモい感覚は異なりますが、だいたいそんな感じかと思います。

それは
とても壊れやすく繊細で
掴めそうでつかめなくて
言葉にできそうでできなくて
ある種のもどかしさを伴いながら
私達の中に瞬間瞬間に発生する。

では、早速参ります!
YouTubeで公開されている楽曲の中で

冬に聴きたい「エモい曲」
男性ボーカル編

冬に聴きたい「エモい曲」
女性ボーカル編

の順にご紹介。
歌詞のグッとくるフレーズも併せてどうぞ。

[Alexandros]「SNOW SOUND」

透き通った冬の空気を纏いながら
雪の舞う日に聴きたい一曲。

[Alexandros] 「SNOW SOUND」

最初のピアノのイントロで瞬時に心つかまれたあとの、どこか懐かしい感じのする乾いたシンセの音。すかさずボーカルの甘い声がのっかってくる。

例えるならそれは白い音
まだまだ誰にも
何にも染まってない音

いがみ合い

許し合いが折り重なり
色鮮やかなまでの
メロディーになっていく

心の隙間に入り込んでくる作詞のセンス。
ボーカルは、塩顔イケメン&オシャレ&高身長&バイリンガル。神は何物与えたら気が済むのか。

バンドそのものがとにかく絵になる。

どこか懐かしくエモーショナルな空気感と新鮮なサウンドで、どれだけ年を重ねても10代~20代のあの頃の感覚に連れて行ってくれるような楽曲です。

[Alexandros] のPVは毎回最後におまけ映像が入っているので、それを見るのも楽しみのひとつです。

米津玄師「orion」

冬の夜に外を歩きながら
瞬く星空のもとで聴きたい一曲。

米津玄師「orion」

この曲をはじめて聴いた時に感じたのは、悠久の時を超えて魂と魂で繋がりあうような不思議な懐かしさ。

繊細で壊れそうな情景を切り取っている。
景色の中にそっと心を置いてきた。
もう触れられない。
あの感覚なんだったっけ。
思い出せない。

キラキラしていて、胸の焦がれるような
高い純度で生きていたあの頃

そんな刹那を、垣間見せてくれる楽曲です。

神様 どうか声を聞かせて
ほんのちょっとでいいから
もう二度と離れないように
あなたと二人あの星座のように
結んで欲しくて

フジファブリック「赤黄色の金木犀」

秋から冬の刹那、
金木犀が優しく薫る季節に聴きたい一曲。

フジファブリック「赤黄色の金木犀」

美しくも切ないイントロに、
ボーカル志村の
エモーショナルな声がかぶさる。

赤黄色の金木犀の
香りがしてたまらなくなって
何故か無駄に
胸が騒いでしまう帰り道

こんなにも淡く美しく繊細な揺らぎを伴って季節を切り取れる人を私は知らない。

2009年のクリスマス、
ボーカルの志村が亡くなった。
デビュー当初から彼らの楽曲が好きで、
あの頃私はよくライブに足を運んでいた。

あれから10年がたつ。
色褪せない宝物のように、
彼の曲は沢山の人の心に刻まれている。

Radiohead「Creep」

むしゃくしゃしてもうどうしようもなくて
世界が滅びそうな夜に聴きたい一曲。

Radiohead 「Creep」

イギリスのロックバンド
「Radiohead」の初期の楽曲。
初期はとりわけエモく、「Creep」はその代表ともいえる。
20歳の頃、私は彼らのサウンドに夢中で、
ライブにもよく足を運んでいた。

誰にでも一度はあると思う。
どうしようもなくネガティブで
世界が滅びてしまうのではないかというほど
悲観して卑屈になっていたあの頃。

ネガティブな楽曲がこの時代のトムヨークのビジュアルと相まって、強烈なエモさを醸し出している。

「Creep」は作り手の意図するところを超えて、スキャンダルな1曲となってしまったが、個人的には大好きな一曲。

君がここにいた頃
その瞳を見つめることが
出来なかった君はまさに天使のようで
その肌は涙が出るほど儚げだった

美しい世界に漂う羽のように
君の姿が浮かぶ僕も特別でありたかった
君は最高に特別な存在だったから

おすすめ

音楽聞くなら、Amazonの音楽サブスク
『Amazon Music Unlimited』

7,000万曲が、広告なしで聞き放題!

今なら30日間無料!しかも新規登録で500pt!

\入るなら今がお得!!/

D.A.N.「Zidane」

冷たい都会の夜を歩きながら聴きたい一曲。

D.A.N. 「Zidane」

彼らを初めて聞いたときの
衝撃は今でもよく覚えている。

なんというか「オシャレ of オシャレ」

現代のシティ・ポップ
ここに極まれりという感じだった。
70年代のはっぴぃえんどあたりから
90年代のフリッパーズギター、オリジナルラブあたりまでの都会的なサウンドをも彷彿とさせる彼らの楽曲。

「Suchmos」 が出てきたあたりで、
90年代再燃してる感覚があったのですが、
個人的に一番グッときたのが「D.A.N.」の楽曲でした。

生っぽく、ぶ厚く
どこかソウルフルで泥臭く熱を帯びていて
洗練されたサウンドにボーカルの声が楽器のように重なっていく。

癖になる絶妙なバランス感。

幸いにまともにあきらめた
ありふれたロマンスを
水際で溺れてるマーメイド
踊りを忘れたレイディ

Chara「Swallowtail Butterfly」

1994年に公開された
岩井俊二監督映画「スワロウテイル」
ここに90年代のエモさが詰まっている。

YEN TOWN BAND
「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」

  • 均一化された日本社会
  • マイノリティーの切なさ
  • 混沌の刹那
  • 才能・個性
  • 多様性

を見事に描き切っている。

四半世紀早すぎた映画
といっても過言ではない。

CHARA扮する主人公のグリコ
歌い上げるこの1曲は、
90年代を生きた私達にも
令和を生きる新しい世代にも
等しく語り掛ける何かがあるはずだ。

心に心に魔法があるよ
嵐に翼ひろげ飛ぶよ

私はうわの空で
あなたのことを想い出したの
そしてあいのうたが響きだして…

私はあいのうたで
あなたを探しはじめる

▼レコード音源

岩井俊二監督が描く美しき無国籍の世界。
架空の町“円都”で暮らす移民たちの物語。

映画「スワロウテイル」は、今なら『U-NEXT』で無料視聴ができます。
(本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

\ 1ヶ月無料で試してみる /

Lily Chou-Chou「エーテル」

こちらは2001年公開の
岩井俊二監督映画「リリイ・シュシュのすべて」
に出てくる楽曲。

「僕にとってリリィだけがリアル」
過酷な日々を生き抜く少年少女を描いた映画。

物語上の人物、リリイ・シュシュに扮する
のは歌手のSalyuだ。
天賦の才能としかいいようのない
伸びやかな独特の声で、劇中歌を歌いあげる。

「エーテル」という言霊を
美しく切なく表現している。

素晴らしい毎日
素晴らしい世界に
どこかでつながっていく
この壁溶かせば
粒子になるそのエーテル
あふれだす

岩井俊二監督が描く14歳の心の闇。
市原隼人、蒼井優らを輩出した青春映画の名作!

岩井俊二監督映画「リリイ・シュシュのすべて」
こちらも今なら『U-NEXT』で無料視聴ができます。
(本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

\ 1ヶ月無料で試してみる /

やくしまるえつこ「わたしは人類」

相対性理論のボーカル「やくしまるえつこ」による「人類滅亡後の音楽」をコンセプトにしたプロジェクトであり、新しい音楽「伝達と記録、変容と拡散」の形を探る試み。

日本に古くから生息する微生物の塩基配列を用いて作ったサウンド。
いつか人類が滅んだとしても、人類に代わる新たな生命体が、私たちの想像を超えた翻訳方法で、またその記録を読み解き、音楽を奏で、歴史をつなぐことになるでしょう。

という、スケールが壮大すぎて
ちょっと理解に時間がかかりますが、
難しい解釈を省いても、曲を聴けば響いてきます。

やくしまるえつこ、例えるなら「宇宙巫女」
桁違いのスケールのエモさに襲われること間違いなし!

いっぱいあった幸福も
誓いあった恋人たちも
いったいなんでこうなったの
わたしは人類 滅んじゃった
バイバイ

なんとなくスターウォーズのアミダラを彷彿させる。
(曲の開始は5:50頃から)

Cocco「有終の美」

歌姫「Cocco」
壊れそうな繊細な感性。

沢山の苦難を越え、
彼女は今、力強さを備え
「もう、大丈夫」
女神のように
令和の世に立つ。

汚れたスカート
ひるがえして
胸張って行くよ

いつだって きっと
胸張って行くよ

私は 大丈夫

bjork「Pagan Poetry」

アイスランドの歌姫「Bjork」の楽曲。

彼女の才能をなんと表現して良いかわからない。

北欧の伝統的な音楽の要素と
最新のテクノロジーが融合するサウンド
エキセントリックで耽美な映像表現、
ある種の狂気すら内包し
彼女の表現は存在する。

(2016年の来日インタビューより)

点と点をつなぐこと。
それが私の役割だと思っている。

世界中に星のように点在している才能や技術をつなぎ合わせて、星座のように大きな絵を浮かび上がらせる。
私はそういうことに長けていると思うし、それってすごく女性的な表現のやり方だと思うのね。自分のエネルギーをそこに注ぐことによって、新しい絵が、新しい流れが生まれる。

その流れをまとめ上げたものが、今の私にとっての作品なの。

私が20歳の時にリリースされた楽曲で
最も好きな曲のひとつだ。

まとめ

冬に聴きたい「エモい曲10選」

AirPodsを耳に、
コンビニへの買い物ですら、
エモいシーンとなってしまうこと間違いなしです。

また、新しくOPENした手帳テンプレートのSTOREにて、
音楽のある生活を楽しくする手帳テンプレートを販売しています。

手帳やノートをつけているよ~という方は是非♪

harudake-techo_playlist

まだまだ素晴らしいアーティストが
沢山いますので、第二弾も乞うご期待!

-fin-

おすすめ

音楽聞くなら、Amazonの音楽サブスク
『Amazon Music Unlimited』

7,000万曲が、広告なしで聞き放題!

今なら30日間無料!しかも新規登録で500pt!

\入るなら今がお得!!/

エモい曲10選
激動の時代を、今を、生きる。心に刺さる「エモい曲10選」 今回は、ずっと書きたかったテーマ、 エモ曲シリーズ第4弾です!!! 激動の時代を、今を、生きる。心に刺さる「エモい曲10...
エモい曲10選
昭和から令和を駆け抜ける!夏の夜に聴きたい「エモい曲10選」 今回は久々の曲紹介。 エモ曲シリーズ第三弾です!!! 夏の夜に聴きたい「エモい曲10選」 この記事はこんな人にオス...
胸が熱くなる!心が騒ぎ出す!「エモい曲10選」人生死ぬまで青春だ!! 今宵も曲紹介まいります。 今回は、エモ曲シリーズ第二弾!!! 胸が熱くなる! 心が騒ぎ出す! 「エモい曲10選」 ...

– Fin –

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。